編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

SUSE、5月にIPOを計画との報道

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-12 11:04

 スウェーデンに拠点を置き、520億ユーロ(約6兆7000億円)の資産を持つプライベートエクイティ企業のEQTは、ドイツのLinux大手SUSEを新規株式公開(IPO)でスピンアウトする準備を進めているという。Reutersと米ZDNetの情報筋によれば、SUSEのIPOは総額70億~80億ユーロ(約9000億~1兆円)になる見通しだ。

 IPOによるSUSEのスピンアウトは、2020年後半から計画されていたとみられる。その前にもSUSEは何度か、所有者が変わっている。まず、Novellが2004年に買収した。次にAttachmateが2010年に、Microsoftから資金提供を受けて、NovellとSUSEを買収した。そして2014年に、Micro FocusとAttachmateの合併を経て、SUSEは独立事業としてスピンオフすることになった。EQTは2019年3月、SUSEをMicro Focusから25億ドル(約2800億円)で買収した。

 SUSEはそれ以来、成長を続けている。2020年9月に発表されたSUSEの第3四半期決算の売上高は、前年同期比で14%増加した。これは新型コロナウイルスの感染拡大で、世界経済が影響を受けている中での業績だ。

 クラウドの年間契約受注額(ACV)が前年比81%増と極めて好調だった。これにより、ACVは14四半期連続で前年比増を達成した。

 また同社は、100万ドル以上の大型案件が35%増、「SUSE Linux Enterprise Server(SLES) for SAP Applications」のACVが50%増、米国におけるACVが25%増となった。

 SUSEのビジネスモデルは進化し続けている。同社は、CanonicalRed Hatと肩を並べるLinuxディストリビューターの大手だが、コンテナとクラウドにも注力している。SUSEは2020年7月、Rancher Labsを買収すると発表し、Kubernetesにおける大きな動きを見せた。

 Reutersによると、IPOの主幹事はBank of AmericaとMorgan Stanleyが務め、共同引受幹事としてGoldman Sachs、Deutsche Bank、Jefferiesが参加する見通しだ。IPOは5月に実施される可能性があるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]