編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

シーメンス、IBM、Red Hatが産業用IoTデータの価値向上を目指したイニシアチブ

NO BUDGET

2021-03-15 09:53

 Siemens、IBM、Red Hatは、ハイブリッドクラウドを使用する新たなイニシアチブを始動した。3社の協力により、SiemensのIoT向けOS「MindSphere」をオンプレミスで実行するか、クラウドで実行するかを選択できるようになり、個々のユーザーの異なる運用ニーズを最適な方法で満たせるようになる。

 MindSphereは、製品やプラント、システム、マシンからリアルタイムにセンサーデータを収集・分析するのに使われる。ユーザーは、バリューチェーン全体に沿って製品、製品アセット、製造プロセスを最適化し、デジタルツインをリアルタイムに構築できる。

 今回のイニシアチブを通して、Siemens Digital Industries Softwareは「Red Hat OpenShift」上に構築されたIBMのハイブリッドクラウドを用いて、MindSphereの柔軟性を強化する。

 Kubernetes基盤のOpenShiftを活用することで、ユーザーはMindSphereをプライベートクラウドやマルチクラウドで実行可能になる。さらに、SiemensとIBMは、ユーザーが自社のデータを物理的に完全制御し、規制要件とデータプライバシーに適切に対処することを可能にし、同時に、クラウドを介してシームレスな製品サポート、アップデート、エンタープライズへの接続が可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]