「Google マップ」大好き人間だから伝えたい“推し小技”--2021年上半期版(3)

池田園子

2021-03-16 07:30

 毎日のようにお世話になっている「Google マップ」。2005年2月8日に誕生し、2021年2月でサービス開始16周年を迎えたことになる。

 地図サービス・アプリといえば、Google マップを一途に使うようになって久しい。Google マップはとても使いやすく、場所の検索や移動に関わるたくさんのことを手助けしてくれる、生きていく上で欠かせない、実に頼れる相棒である。

 “Google マップ愛用者”であるのをきっかけに、2018年よりGoogle マップの便利技を紹介してきたのに続き、2021年もいろいろなティップスを取り上げる。本連載でも業務効率化・合理化に役立つGoogle マップ便利技を3つずつ4回にわたって紹介する。今回はその第3回目で、スマホ(「iPhone SE」)で使う場合を想定。

1.現在地のスポット情報を活用し、外出先での調べものを効率化する

 現在地の周りに関する情報が欲しい——そんなときに活躍するのが「スポット」機能である。Google マップ アプリを開くと、画面左下に「スポット」と表示されるのを確認できるはずだ。

 ここで「スポット」をタップすると、現在地の最新情報が表示される。一番上には「地域のCOVID-19最新情報」とあり、タップするとGoogle ニュース画面へと遷移する。そこではCOVID-19関連情報をまとめて閲覧できる。

 その下には飲食店などの店舗や施設などのカテゴリがいくつか並ぶ。さらにスクロールすると、近隣の店舗や施設について投稿された、ユーザーによる最新のクチコミが並ぶ。「今」の情報が欲しい人にとって、最新の情報にアクセスしやすいのはありがたい。

 出先や出張先でランチを取るために飲食店を探したい、近くにコンビニが見当たらないが探したい……そんなときに活用したい機能である。

2.予約内容に素早くアクセスし、詳細情報を効率よくキャッチする

 Google マップは「Gmail」と連動している。Google マップやGmailに限らず、Googleのサービス同士はシームレスにつながっていて、それによりサービス全体が使いやすくなっているといえるだろう。

 Google マップ アプリを開くと、下部中央にある「保存済み」に注目したい。上から順に、最近保存したスポットの履歴、現在地付近で保存したスポット、さらに「自分のリスト」と並ぶ。

 リストは「行ってみたい」「よく行く場所」「お気に入り」「ラベル付き」「スター付き」など5種類あり、このページの「+新しいリスト」から追加可能だ。

 これらのリストの下に「予約」というアイコンがあるのに着目してほしい。こちらをタップすると、GmailとGoogle カレンダーから取得した予約情報が表示される。

 こちらをクリックすると、予約した店舗の詳細情報がGoogle マップ上に表示される。予約内容を確認したいときに思い出してほしい機能だ。

3.住所をワンクリックで転送し、場所の共有を効率よく

 Google マップ アプリで表示した住所を誰かに送りたいとき、まずは該当の住所を入力しよう。Google マップ上にその住所を示す赤いピンが立ったら、ピンをタップする。

 すると住所の詳細情報を示すページへと遷移する。現在地からの移動時間やその住所の最寄り駅、写真などの他、経路やナビ開始、保存、ラベルのアイコンなども並ぶ。

 誰かに共有したいときは、画面左上にある「共有」アイコンをタップしよう。「AirDrop」「メッセージ」「LINE」「Twitter」やGmailなど、情報共有可能な各種サービスが並ぶ。直近、LINEなどでやりとりした人たちの名前やアイコンも表示されている。

 情報共有する手段(サービス)を選択すると、住所がURLの形で転送される。そのURLをクリックするとGoogle マップの画面へと遷移する。

 シンプルに、住所をサッと共有したいとき、いろいろなサービスを通じて送信できることを押さえておこう。

 第4回に続く。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]