編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

森トラスト、業務プロセス改革にIBMの自動化ソリューションを導入

NO BUDGET

2021-03-16 07:00

 日本IBMは、森トラストが自動化ソリューション「IBM Blueworks Live」(Blueworks Live)と「IBM Business Automation Workflow on Cloud」(BAW on Cloud)を導入したと発表した。

 これにより、ERP(基幹業務システム)パッケージやSaaS(Software as a Service)などを連携し、業務全体を一括して管理する。さらに、AI(人工知能)など最新のテクノロジーを組み合わせた自動化でイノベーションを実現する。森トラストは2020年12月から、Blueworks LiveとBAW on Cloudを活用して業務プロセスを改革している。

 これら2つはIBM Cloudで提供されるSaaSで、業務プロセスの自動化で生産性の向上を促進する。森トラストへのサービス提供は、協和エクシオが担当した。

 今回の業務プロセス改善では、稟議(りんぎ)決裁や業務報告、一般購買支払いなどの業務をデジタル化するとともに、Blueworks Liveを活用して業務プロセスを整理/分析し、プロセスを可視化する。Blueworks Liveで整理された業務プロセスをBAW on Cloudで実装/実行/管理し、SAPのアプリケーションといった既存の基幹システムとAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)連携する。

 これにより作業時間が削減されるほか、ユーザーがリモート環境からでも申請や承認などが可能になり、コロナ禍でも業務の生産性を維持することが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]