編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

「Azure AD」で障害、一部で「Teams」や「Office」に影響--復旧中

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-03-16 11:31

 「Azure Active Directory(Azure AD)」の障害により認証時の問題が発生しており、世界で一部のMicrosoftの顧客に影響が及んでいる。「Office」や「Dynamics」「Microsoft Teams」「Xbox Live」「Azure Portal」を含む複数のMicrosoftのサービスが影響を受けている。顧客らは米国東部標準時(ET)3月15日午後3時15分頃から、「Microsoft Azure」で稼働しているサービスにアクセスできないと報告し始めた。

 「Azureの状態」ページでは、5時20分(ET)の時点で、「現在の状況:エンジニアリングチームは緩和策を世界でロールアウトしている」とされていた。8時30分時点で、「エンジニアリングチームは、Azure ADの影響を受けた全てのリージョンにフィックスをロールアウトしている。内部テレメトリーデータと、顧客からの報告では、(Azure ADに)依存するサービスのエラー率が急速に減少していることが示されている。Microsoftのサービス群は復旧の途中だ。根本的な修正を実施した後の回復にかかる時間はサービスや製品によって異なる可能性がある」となっていた。

 (UPDATE)10時40分時点では、「現在の状況:Azure Active Directoryの根底の問題に対処するフィックスのロールアウトを完了し、Azure Active DirectoryとAzure Portalへの影響を緩和している。一部で引き続き回復の兆候が確認されるかもしれない」となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]