LPガスのコールセンター業務にAI活用--サポート品質と業務効率を向上

NO BUDGET

2021-03-18 10:29

 LPガス関連事業を全国展開するTOKAIは、2月からコールセンターでのLP(液化石油)ガスに関する問い合わせ窓口業務に、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の人工知能(AI)を活用したコールセンター向け自動音声対応ソリューション「CTC-AICON」を導入した。

 TOKAIは現在全国に67万件の利用者を抱える。CTC-AICONは、コールセンターでの問い合わせ対応において、AIを活用して問い合わせ内容をテキスト化して分析し、音声応答までを自動で行う。

 今回の導入では、例えば、ガスコンロの取り付け方や給湯器の操作方法、ガス器具の不具合など、利用者からの問い合わせの一次対応、必要に応じた訪問サポートの受付予約に適用し、約20%の自動受付率の向上を見込んでいる。

 同社では既にガス料金の支払いに関する窓口と、引っ越しに伴うガスの定期保安点検の窓口業務において、コミュニケーター業務を一部自動化している。対象業務の拡大によりコールセンターの自動受付率を現状の40%から60%に引き上げることを見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]