編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
日本株展望

米国グロース株の調整は一巡?--市場は「バーナンキショック」の再来を警戒

ZDNet Japan Staff

2021-03-19 13:35

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 金利波乱でも史上最高値を更新した米国株式
  2. 米国グロース株の相対推移は調整一巡を示唆?
  3. 「バーナンキショック」の再来を警戒する株式市場
  4. パウエル議長のマーケットとの「対話力」はどうか

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

金利波乱でも史上最高値を更新した米国株式

 米国市場では、S&P500指数とNYダウ平均が史上最高値を更新した(17日)。特にダウ平均は初めて3万3000ドルを突破。米国の景気見通し改善と株高に伴うリスク選好姿勢が追い風となり、日本市場でも日経平均が再び3万円台に回復した(18日)。

 注目されていたFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備制度理事会)は、経済成長率予想を引き上げたものの、2023年末まで利上げを実施しない見通しを確認。ただ、一時的な物価上昇や債券市場金利の上昇を容認する姿勢を示したことで、米長期金利は1.65%にやや上昇した。 

 図表1は、S&P500指数、S&P500グロース株指数、S&P500バリュー株指数の推移を示したものだ(2018年初=100)。

 コロナ禍で先行して上昇してきたグロース株が長期金利上昇を契機に調整。経済活動の再開期待を受けた景気敏感株を中心とするバリュー株の上昇基調が補った結果、市場平均(S&P500指数)が3月も最高値を更新した状況が分かる。

 ただ、急速に買い戻されてきたバリュー株が利益確定売りに押される可能性はありそうだ。

 一方、ナスダック指数には底入れの兆しもみられ、長期金利の落ち着き次第では、グロース株が買い戻される可能性もある。ナスダックの復調が本格化すると、値がさグロース株のウエートが大きい日経平均が年初来高値を更新する公算が高まると考えている。

<図表1:S&P500指数はバリュー株主導で高値を更新>

*各種株価指数の2018年初水準を100として比較
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2018年初~2021年3月17日)
*各種株価指数の2018年初水準を100として比較
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2018年初~2021年3月17日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]