編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

LINE、個人データなどの国内完全保管を表明

ZDNet Japan Staff

2021-03-23 17:38

 「LINE」アプリのユーザーデータに海外からアクセスできる状態だった問題についてLINEおよび親会社のZホールディングス(ZHD)は3月23日、新たに設置した外部有識者らによる「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」の初回会合を開いた。

 報道陣に公開された会合の冒頭でLINE 代表取締役社長の出澤剛氏は、中国で一部データにアクセスする業務を行っていたことや、トークの画像や映像などのデータが海外に保管された状態にあったとし、ユーザーへのプライバシーポリシーにおいても十分な説明を行っていなかったとした。

 出澤氏は、既に中国での業務やデータへのアクセスを終了する措置を講じたとし、今後は自治体向けサービスなどを含む全てのデータを日本国内へ移行し、2021年中に完全保管に切り替えるほか、透明性を高めるためのプライバシーポリシーの改訂や、データガバナンスの強化に向けた監査実施などを計画しているとした。

 ZHD 代表取締役社長の川邊健太郎氏は、親会社としてもLINEの一連の取り組みを推進すると表明し、「外部監査なども行いながら、可能な限り取り組み状況を公表していく」と語った。

 両社は同日中に、政府の個人情報保護委員会に状況説明を行うほか、夜に記者会見を開いて状況や取り組みを説明するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]