編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

IT人材の獲得とリモートワーク--CIOは優先事項をどう変えるべきか

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-04-07 06:30

 IT分野のスキルギャップは大きくなる一方だ。企業のITに関する意思決定権者のほぼ全員が、過去1年の間に人材を得られず埋められなかったポストを少なくとも1つ以上抱えており、69%は複数のポストが埋まっていないと回答した

 当面の間は、それらの人材の穴を簡単に埋めることはできないだろう。しかし、新しい要素も浮かび上がってきている。コロナ禍への対応で在宅勤務が増え、上司が近くに座っていなくても仕事を効率的に進められることが明らかになったことだ。

 多くのITプロフェッショナルは、この12カ月間で、在宅勤務でも生産性を維持できるだけでなく、期待以上の成果を上げられる場合もあることを証明した。

 では最高情報責任者(CIO)は、どうすればこのリモートワークに対して新たに生まれた信頼を、自分たちが必要としている需要が高い技術者を見つける上で生かせるだろうか。この記事では、リモートワークを生かしてIT部門のスキルギャップを埋めることについて、4人のITリーダーから話を聞く。

在宅勤務への移行を進める

 ロンドンスクールオブエコノミクスのCIOを務めるLaura Dawson氏は、コロナ禍の影響を受けて、自分たちの仕事のやり方は今後恒常的に変わると断言している。「今や限界はなくなった。私は本当にそう思っている」と同氏は言う。

 Dawson氏は、同大学のIT部門では、80%のケースで(場合によっては100%のケースで)在宅でも十分に仕事ができ、生産的で平等に責任を分担し、協調的で社交的なチームのメンバーとして活動できていると話す。

 Dawson氏は、CIOはこの変化を取り入れるべきであるとともに、在宅勤務の導入は普通なら見つけるのが難しいIT人材を獲得する手段にもなり得ると述べている。

 「ロンドンで銀行と人材を争っても勝てる見込みはないが、これならチャンスがある。人材を見つけるのが難しいなら、ロンドンでだけ探すのではなく、英国のほかの地域の人材を採用すべきだ」と同氏は言う。

 「新型コロナウイルスがこの変化を可能にした。私たちは今後、柔軟な働き方をするようになっていくだろう。職場に来られない人をサービスデスクの担当者に採用してはいけない理由は1つもない。この変化によって、就職希望者はこの職場にアクセスしやすくなるだろうし、それは大きな利点だ」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]