編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフトとグーグル、ブラウザーの互換性向上で協力

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2021-03-24 13:03

 Microsoftは、GoogleやIgaliaなどのウェブコミュニティー各社と協力し、「Compat2021」イニシアティブの下でブラウザーの互換性向上に取り組む。

 このプロジェクトは、ウェブのレイアウト、フォーム、アニメーションツールといった中核技術を使ってブラウザー間で共通する体験を生み出そうとする際に、ウェブ開発者が苦労する5つの領域に重点を置く。それは、CSSフレックスボックスCSSグリッドCSSのpositionプロパティ:粘着位置指定CSSのaspect-ratioプロパティCSSのtransformsプロパティだ。

 MicrosoftとGoogleがともに言及しているのが、ウェブプラットフォームテストダッシュボード(wpt.fyi)内の「Compat 2021 Dashboard」だ。この指標では、「Chrome」「Edge」「Firefox」「Safari」の実験版および安定版ビルドを比較して、各ブラウザーを100点満点で評価している。

 同ダッシュボードのサイトには次のような記載がある。「これらのスコアは、『2021 Compat Focus Areas』(2021年の互換性重点領域)におけるブラウザーエンジンの性能を表すもので、wpt.fyiのテスト結果で測定している。テストの合格率に基づき、機能ごとに最高20点が加点され、ブラウザーにはそれぞれ最高100点が付けられる」

 ChromeとEdgeのDevチャネルは86点、「Firefox Nightly」は83点、「Safari Technology Preview」は64点だ。安定版を比較すると、ChromeとEdgeは83点、Firefoxは68点、Safariは60点となっている

 GoogleのRobert Nyman氏とPhilip Jagenstedt氏は、次のように説明している。「2021年の目標は、5つの主要重点領域でブラウザーの互換性の問題を取り除くことにより、開発者がこれらの領域を信頼できる基盤として自信を持って構築できるようにすることだ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]