編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

東芝グループとSAPジャパン、戦略パートナーシッププログラムを締結

NO BUDGET

2021-03-26 14:11

 東芝、東芝デジタルソリューションズ(TDSL)とSAPジャパンは、東芝グループの次期基幹システムの構築および稼働後の活用を最大化するために「戦略パートナーシッププログラム」を締結した。

 締結した戦略パートナーシッププログラムは、以下の4つのサービスにより構成される。

  1. Strategic Program Management Office(Strategic PMO):東芝のデジタル変革の成功に寄与するための戦略プログラム管理サービス
  2. Professional Service:東芝社内にデジタル変革のエキスパートを育成するためのサービス。次の2つの要素も活用する
    ・Preferred Card:SAPエデュケーションサービス利用における優遇契約
    ・SAP Learning Hub:SAPエキスパートを育成するためのトレーニングツール
  3. Innovation Business Solution Organization(IBSO):重要固有機能の実装と協働イノベーションの醸成を支援するサービス
  4. SAP MaxAttention:プロジェクトの確実な成功を支援するサービス

 今回締結したプログラムは、東芝グループの次期基幹システムの構築および稼動後の活用を最大化することを目的にしている。

 2019年11月に東芝が採用した「SAP S/4HANA」をはじめ、「SAP Analytics Cloud」「SAP Ariba」などのソリューションを東芝グループに導入していき、東芝グループのデジタル変革を推進する。またTDSLとSAPジャパンは、SAPソリューションの外販ビジネスにおいて協業していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]