編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

東北大、窓口業務をチャットボットで自動化--英語、中国語にも対応

藤代格 (編集部)

2021-03-30 07:15

 国立大学法人東北大学(仙台市青葉区、学生数1万7809人、従業員数6426人)は、人工知能(AI)を活用するチャットボット「NEC自動応答」を採用。3月29日から活用し、オンラインチャットで窓口対応を自動化するという。同日、サービスを提供するNECが発表した。

 窓口サービスや各種手続きなど業務の見直しを推進する「オンライン事務化」を2020年6月1日に宣言した東北大学は、学生や教職員と事務職員、双方にとって理想の窓口を検討。

東北大学での活用イメージ(出典:NEC) 東北大学での活用イメージ(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オンラインチャット形式の窓口応答を自動化し、学生や教職員は24時間365日、スマートフォンやPCから必要な情報を即座に入手可能。事務職員の負担も軽減できるという。

 日本語での在学生向け対応からはじめ、翻訳エンジンとの連携で英語や中国語、在学生以外へも対応していくとしている。

 自動応答は、NECのAI技術「NEC the WISE」の「テキスト含意認識技術」を活用。二つの文が同じ意味を含むかどうかを高精度、高速に判定可能で、利用者の多様な質問文の表現に高い精度で回答できるという。

 NECグループ各社からの間接業務のアウトソーシングを事業とするNECマネジメントパートナー(川崎市中原区、従業員数3079人)では、NEC自動応答を活用することで問い合わせの74%が何らかを解決し、解決までの時間も3分の2に短縮したと説明している。

活用効果の一例(出典:NEC) 活用効果の一例(出典:NEC)
※クリックすると拡大画像が見られます

 クラウドサービスを活用する場合の税別標準価格は、初期費用が86万円、月額利用料が20万円から。オンプレミス版も用意しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]