編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフト「Cortana」、iOSとAndroidアプリのサポート終了

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-04-01 12:15

 Microsoftは、2020年7月に発表していたとおり、米国時間3月31日で「Android」版と「iOS」版「Cortana」アプリのサポートを終了した。

 Microsoftが最初にパーソナルデジタルアシスタントとしてリリースして以来、Cortanaは変化を続けてきた。最近では、Cortanaは基本的に他のアプリの1機能のようになっている。「Outlook」「Teams」などのアプリ内からアクセス可能な生産性支援ツールだ。

 3月31日で、ユーザーがこれまでに作成したリマインダーやリストなどのCortanaのコンテンツは、モバイルアプリからアクセスできなくなった。サポートページに書かれているように、引き続き「Windows 10」でCortanaから利用できる。

 Microsoftはこの数年、Cortanaを、「Alexa」や「Google Nest」に似たパーソナルデジタルアシスタントから、「Microsoft 365」と結びつく組み込み型の生産性支援ツールへと変化させてきた。コロナ禍でハンズフリーやタッチフリーのツールがますます重要性を増しており、音声ファーストのモバイル向け生産性アシスタントとしてのCortanaの役割が大きくなっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]