編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
日本株展望

円安で米国株の「円換算リターン」向上--為替のトレンド転換に乗る

ZDNet Japan Staff

2021-04-02 11:31

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. ドル高/円安で米国株式の円換算リターンが向上
  2. 日米の「金利差拡大」がドル/円のトレンドを変えた
  3. 成長率見通しと生産年齢人口の行方に「日米格差」
  4. 働き手が増える米国:ドルは強くなるか

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

ドル高/円安で米国株式の円換算リターンが向上

 米国の主要株価指数は高値圏で推移している。バイデン政権はワクチン接種の普及をスピードアップさせ、4月末までに2億回の接種を目指すと表明した。

 3月31日には8年で2.25兆ドル(約250兆円)を支出するインフラ投資計画を発表。3月11日に成立した1.9兆ドル(約210兆円)の景気対策に続き、経済と雇用を持続的に成長させる強い意志を示した。

 本稿では、米国株式の「円換算リターン」が向上している現状について解説したいと思う。

 一般的に、為替が円高(外貨安)となれば、外国株式投資から得られる円換算リターンは目減りし、為替が円安(外貨高)となれば、為替差益が円換算リターンを押し上げることになる。

 外国株式に投資する場合は(コストをかけて為替ヘッジをしない限り)、為替変動リスクを避けることはできない。為替は円高にも円安にも変化する可能性があり、その行方を正確に予測することは困難だ。

 とはいえ、今年に入って為替相場はドル高/円安にトレンドを転換しつつあり注目だ。図表1は、日本株式、米国株式、外国株式の株価指数ごとに、指数別(左側)と円換算(右側)の年初来リターンを比較したものである。

 米国のNYダウ平均、S&P500指数、MSCIコクサイ(日本を除く世界株価指数=外国株式)の円換算リターンが、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価より優勢である状況が分かる(3月末時点)。

 2021年に入っては、外国株式投資のリターンに「為替差益」が上乗せされてきたということだ。

<図表1:米国株と外国株の円換算リターンが向上(年初来比較)>

(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年3月31日)
(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年3月31日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]