編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

C-United、人事労務クラウドを導入--人事労務業務を効率化

NO BUDGET

2021-04-05 10:26

 珈琲館やカフェ・ベローチェなど、全国195店舗を展開するC-Unitedは、クラウド型の人事労務ソフト「SmartHR」を導入した。人事労務業務の効率化を目指す。

 SmartHRは、雇用契約や入社手続き、年末調整などの労務手続きを電子化し、組織の状態を可視化・分析する「従業員サーベイ機能」を提供する。勤怠管理や給与計算などのシステムとも連係可能になっている。

 C-Unitedは、2021年に珈琲館とシャノアールが合併して設立された。同社では雇用に関する手続きを全て紙で行っており、提出漏れや遅れが発生していた。また、紙で提出された書面内容の確認に、店舗従業員や本部スタッフが労力を割いており、会社合併に伴い、自社だけでなく経営統合先の人事労務業務の負担が増す可能性があった。

 SmartHRについて、同社では人事労務業務の電子化や雇用形態ごとに異なる契約書に対応できることや、2020年4月に義務化された社会保険・雇用保険の電子申請にも対応しやすいことを評価した。

 またクラウドサービスの場合、自社サーバーやソフトウェアライセンスの購入が不要なため、初期費用を抑えられることも採用の決め手になったという。

 同社では会社合併に伴い経営統合先の人事労務業務も行うため、作業負担の増加が予想されている。今回の導入で、人事労務業務の電子化・効率化が進み、本部スタッフだけでなく店舗従業員の負担軽減につながることが期待されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]