編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

「クラウドは経営者が考えるほど柔軟ではない」クラウド戦略の要諦を考える

ZDNet Japan Staff

2021-04-03 08:00

 最新の報告書によると、クラウドプラットフォームを成功させる秘訣は、クラウドの新機能を活用することと、きらびやかなものに気を取られないこととの間で適切なバランスをとることである。また、IT担当者は戦略がどっちつかずの状態に陥ったり、時代に遅れをとったりしないよう、クラウド計画を定期的に見直していく必要がある。

 これはITコンサルティング企業SPRが最新の報告書「Cloud Report: What Businesses Need for Resilience in 2021 and Beyond」(クラウドレポート:2021年以降の回復力のために企業にとって必要なもの)の中で、800人のIT担当者を対象に調査を実施し、明らかになったことである。

 SPRのクラウドイネーブルメント担当エグゼクティブディレクターであるKevin McMahon氏は、クラウドプラットフォームの特質であるダイナミックさに対応し続けることは、クライアントにとって最も困難な課題の1つであると述べている。

 同氏は、「現在、これらのプラットフォームは望むかどうかに関わらず、常に変化し続けている」と述べ、「現在の技術で何ができるのか、そしてそれを今後管理していく上で何が必要なのかを把握しなければならない」と続ける。報告書の10の主要な調査結果は以下のとおり。

続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]