編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

マイクロソフト、自社ビルドの「OpenJDK」プレビューをリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-07 12:45

 Microsoftは、「Azure」「SQL Server」「Yammer」「Minecraft」「LinkedIn」など、社内でさまざまな製品やサービスに「Java」を利用しており、Javaを使って「Android」のアプリを作っている開発者も1000人以上抱えている。それを考えれば、Microsoftが独自のJava開発キットを作って顧客に提供しても不思議はないだろう。

 Microsoftは米国時間4月6日、「OpenJDK」の長期サポート(LTS)ディストリビューションである「Microsoft Build of OpenJDK」のプレビュー版を公開した。このディストリビューションには「Java 11」のバイナリーが含まれており、「Windows」「macOS」「Linux」のx64サーバー環境およびデスクトップ環境で利用できる。また同社は、Arm版Windows用「Java 16」の早期アクセス版もリリースした(MicrosoftのJava Engineering Groupは、2020年6月にArm版Windows向けのOpenJDKを移植する作業の最初のフェーズを完了したと発表している)。

 Microsoftは、2019年にjClarityを買収した際、その目的は同社の技術を使ってAzureのJavaワークロードを最適化することだと述べていた。jClarityは「OracleのJava/SDKをそのまま置換できる」製品という位置付けで、「AdoptOpenJDK」バイナリーの商用サポートを展開していた。Microsoftは、2018年からAdoptOpenJDKプロジェクトのスポンサーになっている。jClarityの買収が、MicrosoftがJava Engineering Groupを立ち上げる契機になった

 Microsoftによれば、同社の社内では現在50万以上のJava仮想マシン(JVM)がデプロイされており(この数字にAzureのサービスや顧客のワークロードは含まれていない)、バックエンドのマイクロサービスやビッグデータシステム、メッセージブローカー、ストリーミングサービス、ゲームのサーバーなどで使用されているという。これらのJVMのうち、14万以上ですでにMicrosoft Build of OpenJDKが使用されている。

 プレビュー版Microsoft Build of OpenJDKのパッケージやインストーラーは、同社のOpenJDKのサイトで入手できるようになっている。Microsoft Azureの顧客であれば、ブラウザーやWindowsターミナルの「Azure Cloud Shell」からこのプレビュー版を試してみることもできる。

 Microsoft Build of OpenJDKは、今年中にAzureで管理されているサービスで使用されるJava 11のデフォルトディストリビューションになる見込みだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]