編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

村田製作所、生産工場向けに統合運用監視ツールをグローバル採用

NO BUDGET

2021-04-07 17:22

 村田製作所は、工場向け統合運用監視ツール「SCADAfence Platform」をグローバルで採用し、利用を開始した。

 SCADAfenceは、販売パートナーであるNRIセキュアテクノロジーズと共同で、村田製作所の生産工場におけるセキュリティ対策レベルの向上を支援し、今後も継続していく。

 SCADAfenceは工場のセキュリティ対策を目的として開発された統合運用監視ツール。SCADAfence Platformのほかに自動リスクアセスメントツール「Governance & Compliance」、IoTデバイス管理ソリューション「IoT Management & Security」のコンポーネントがある。

 工場の制御システムや生産設備などの通信データをリアルタイムで取得し、独自の通信プロトコル内部の解析技術によりその内容を可視化・分析することで、サイバー攻撃などによる不審な動きや内部での誤動作、予期しない設備の構成変更などを発見、通知する。

 SCADAfence Platformは、既存設備への変更やエージェントソフトなどの追加は不要で、生産プロセスの可用性を最優先するパッシブモードで導入・稼動できる。また稼動資産情報を自動取得、資産リストを生成し、「野良端末」など隠れた資産も容易に発見できるとする。

 さらに、人工知能(AI)と機械学習(ML)を活用した自動学習型のふるまい検知技術により、許可されていない端末の接続、異常な制御コマンドの実行などを検知する。複数の拠点を集中管理することが可能で、既に社内で運用されている管理体制に統合できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]