編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

トレンドマイクロ、5G向けセキュリティ機能を発表--富士通と実証

ZDNet Japan Staff

2021-04-08 11:02

 トレンドマイクロは4月8日、5G/ローカル5G(第5世代移動体通信システム)環境のセキュリティソリューション「Trend Micro Mobile Network Security(TMMNS)」を発表した。通信事業者やシステムインテグレーター、サービスプロバイダー向けに15日から提供する。富士通との実証実験で有効性も確認したという。

「Trend Micro Mobile Network Security」の構成
「Trend Micro Mobile Network Security」の構成

 TMMNSは、5Gのネットワークに接続する端末機器(エンドポイント)のSIMカードで動作する「TMMNS Endpoint Protection」と、5Gシステムのネットワーク上で動作する「TMMNS Network Protection」から構成される。エンドポイント側では、SIMカードにJavaアプレットを組み込み、機器のIMEIとSIM固有番号のIMSIを照合することで、機器の真正性を確認する。

「TMMNS Endpoint Protection」のSIM
「TMMNS Endpoint Protection」のSIM

 TMMNS Network Protectionでは、通信経路にIDS/IPS(侵入検知/防御システム)とウェブ脅威対策、アプリケーション制御、異常通信検知、デバイス特定、IoT脅威対策、ネットワーク利用制限のセキュリティ機能を配備する。これにより不正な機器やアプリケーション、ウェブサイトの接続や脆弱性の悪用やサービスの妨害(DoS)といった脅威やサイバー攻撃などの監視、可視化、遮断、防御などを行う。

 トレンドマイクロと富士通は、神奈川県川崎市にある富士通の施設「FUJITSU コラボレーションラボ」にある私設型5G(ローカル5G)システムと、高精細監視カメラや無人搬送車両などを稼働させるスマートファクトリーを想定したシステムでTMMNSを実証した。

 富士通は、IoTデバイスやネットワークのセキュリティ状態の可視化、SIMの差し替えによる不正なIoTデバイスの検知、ネットワークへの通信制御などを検証し、ネットワークに侵入する脅威の検知と防御、SIMの差し替えやマルウェア感染デバイスなどからシステムを保護できることを確認したという。

富士通との検証シナリオの一例
富士通との検証シナリオの一例

 今後は、富士通の小山工場などでも9月まで検証を行い、ローカル5G向けセキュリティソリューションとしての商品化とグローバル展開なども検討していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]