編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
海外コメンタリー

コロナ禍の1年を経て、AI分野はいかに成長したか

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-04-14 06:30

 2020年は世界が混乱と不安に陥った1年だったが、人工知能(AI)の分野は着実に成長し、技術の探求も進んだ。それは新型コロナウイルスがもたらした危機のせいだったのかもしれない。この1年で、医療分野でAIに多額の投資が行われた一方で、多様性や倫理に関する懸念も大きくなったが、それらの懸念に対する対応は進まなかった。また驚くべきことに、世界中でAI関連の雇用の求人が増えたにもかかわらず、米国では横ばいだった。

町ゆく人々
提供:Joe McKendrick

 これらは、スタンフォード大学の「人間中心のAI研究所(Human-Centered Artificial Intelligence Institute)が毎年発表している「AI Index」の最新版で明らかになった主な調査結果からの抜粋だ。このレポートでは、学位課程に関する状況から業界への普及度まで、さまざまな指標を用いてAI分野の影響力や成長について評価している。

 以下では、この222ページのレポートからいくつかの目立った指標を抜き出して紹介していきたい。

 AIに対する投資は増加傾向にある。レポートでは、コロナ禍はAI投資に悪影響を与えなかったと半数が回答したというMcKinseyの調査を引用している。回答企業の27%はAIに対する投資を増やしていた一方で、AIへの投資を減らした企業は4分の1以下だった。

 AI関連求人が世界的に増加している一方、米国では横ばいだった。AI関連の求人件数も重要な指標の1つだ。驚くべきことに、米国では2019年から2020年にかけて、AI関連求人の割合が減少した。これはこの6年間で初めてのことだ。米国のAI関連求人の件数も2019年から2020年にかけて8.2%減少している(2019年は32万5724件、2020年は30万999件)。レポートの著者は、減少したのは米国の市場が比較的成熟していることが理由かもしれないと考えている。ただし、世界(調査対象となった米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール)では、AI人材に対する需要が高まる傾向にあり、この7年間で大きく増加している。平均では、2020年の全求人情報に占めるAI関連求人の割合は2013年の5倍以上になった。2020年の統計によれば、米国の全求人情報に占めるAI関連求人の割合が高かった産業は、上から順に情報産業(2.8%)、プロフェッショナル、科学、技術サービス産業(2.5%)、農業、林業、漁業、狩猟業(2.1%)だった。

 医療分野におけるAI投資が大幅に増加した。2020年にもっとも多くの民間投資を受けたAIの分野は「薬、がん、分子、創薬」の製品カテゴリーで、2019年の4.5倍にあたる138億ドル(約1兆5000億円)強の資金が投じられた。また、レポートでは、「医療業界とバイオ業界の状況は、機械学習技術の導入によって大きく進歩した。DeepMindの『AlphaFold』は、深層学習の技術を応用することによって、数十年に渡るバイオ分野の課題だったタンパク質の折りたたみ問題に大きなブレークスルーをもたらした。研究者は機械学習モデルを使ってより効果的な化学合成プランニングのための化学分子の表現について学んでいる。またAIスタートアップのPostEraは、新型コロナウイルス関連の創薬を加速するために機械学習を用いた技術を利用している」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]