編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

リモートワークからハイブリッドワークへ--CIOが鍵を握る従業員体験の向上 - (page 2)

Karen Roby (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2021-04-12 07:30

Roby記者:私が興味深いと感じたのは、この1年間で話をした多くのCIOたちの意見です。彼らは、自分が突然、部屋の中で最も重要な人物になり、会社がこの厳しい試練のときを乗り越えられるように手助けすることを期待されるようになった、と話します。CIOがこういったことで頼りにされるようになると、一体誰が想像したでしょうか。たとえば、「従業員が自分の仕事についてどのように感じているかを測定し、彼らが前向きな気持ちを維持できるように支援するには、どうすればいいのか」といったことです。

Anderson氏:私はこの状況を大いに喜んでいます。私はキャリアの大部分でCIOの代わりを務めてきました。Qualtricsに入社する前は、Microsoftで20年間、「Office」と「Microsoft 365」の機能の構築や運用に取り組んでいました。CIOは、地下室にいるオタクのような存在だったCIOチームを、組織全体のイネーブルメントを実現する人たちへと変化させました。考えてみれば、私たちはあらゆるもののデジタル化が起きている時代に生きています。すべてがデジタル化されているので、CIOは今では非常に重要で影響力のある立場にいます。私たちのすることすべてがデジタルであるため、CIOは現在、文化の推進と文化の変化の最大の牽引役ではないにせよ、主要な牽引役の1人ではあると私は考えています。

Roby記者:ここで未来に目を向けてみましょう。今後、従業員たちにどう接していくべきかということに関して、私たちはこの1年間で何を学んだのでしょうか。

Anderson氏:当社が先日公開した「Employee Experience Trend Report」では、従業員エンゲージメントに寄与する新たな要因がいくつか見られました。指摘すべき興味深い点の1つは、2020年のパンデミック下で、従業員エンゲージメントが実際に大幅に向上したことです。そして、新たに2つの要因が浮かび上がってきました。1つ目は帰属意識で、2つ目は組織が世界全体にとって正しいことや良いことをしているという理解、あるいは誇りの気持ちです。このような新しい要因が現れているため、組織は自分たちがどのように見られているのか、そして提供されている体験について従業員がどのように感じているのか、ということに耳を傾けて、理解する必要があります。これからの1年間で起きることを考えると、オフィスの再開があるでしょう。調査に目をむければ、従業員の約70%が自宅で働ける時間とオフィスで働ける時間を持てるようになることを期待しています。

 このように、世界は過去12カ月と大きく異なったものになるでしょう。その理由は、先ほどお話ししたように、全員がリモートだった状況が、従業員の半分から3分の2がオフィス勤務で残りがリモートワークという状況に変化するからです。それにより、仕事のやり方、業務の進め方、共同作業の方法における力学が変わるでしょう。変化が非常に急速に起こっているこの時期に、ITリーダーやCIOは今まで以上に、自分たちに届くシグナルを受け取る必要があります。シグナルは運用データと体験データの両方であり、どちらも必要です。この両方を組み合わせて、人々がやっていることとその理由を理解し、未来がどうなるのかについて正しい判断を下せるようにする必要があります。一例を紹介すると、リーダーたちは現在、これから1年後、2年後、3年後に必要になるオフィススペースの広さについて、選択をしようとしています。

 これらは些細な選択ではありません。財務面だけでなく、従業員の企業への関わり方の文化にも大きな影響を及ぼす選択です。従業員の声が届くように、そして先述のシグナルを受け取れるように継続的に取り組むことで、リアルタイムで決定を下し、策定した戦略をリアルタイムで変更できるようにしなければなりません。なぜなら、変化は急速に起こるからです。

米TechRepublicのKaren Roby記者が、Qualtricsの製品およびサービス担当プレジデントであるBrad Anderson氏にインタビューし、最高情報責任者(CIO)が新しいハイブリッドワークモデルにおいて従業員満足度と従業員エンゲージメントの向上にどのような貢献ができるのかを尋ねた。提供:Mackenzie Burke
米TechRepublicのKaren Roby記者が、Qualtricsの製品およびサービス担当プレジデントであるBrad Anderson氏にインタビューし、最高情報責任者(CIO)が新しいハイブリッドワークモデルにおいて従業員満足度と従業員エンゲージメントの向上にどのような貢献ができるのかを尋ねた。
提供:Mackenzie Burke

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]