編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「Cisco Live 2021」で発表された「Webex」機能向上や「Cisco Plus」戦略 - (page 2)

Esther Shein (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2021-04-15 07:45

 Ciscoは、ThousandEyesのインターネットやクラウドインテリジェンスソフトウェアを、自社のスイッチングポートフォリオやAppDynamicsのダッシュボードと統合し、フルスタックの可視性を提供しようとしている。同社によれば、ITは初めて、企業ネットワーク内だけでなく、外部のネットワークやサービスについても可視性と実行可能な洞察を得ることができるようになるという。

パスワードとの決別

 Cisco Secureは、インフラストラクチャーに依存しない、Duoによるパスワード不要の認証を導入した。これにより、ユーザーはパスワードの入力を省略し、セキュリティキーやプラットフォームの生体認証によって、クラウドアプリケーションに安全にログインできるようになる。

 Duoのパスワードレス認証は、Ciscoのゼロトラストプラットフォームの一環であり、デバイスと動作の監視制御を重ねることで、ログインの安全性を強化するもので、あらゆるユーザー、あらゆるデバイス、あらゆるITアプリケーションや環境に対応する。企業が複数の認証製品を必要としたり、重大なセキュリティギャップを残したりすることなく、クラウドとオンプレミスのアプリケーションのあらゆる組み合わせを確実に保護できるように設計されている。

 Ciscoによると、Duoのパスワードレス認証は、2021年夏にパブリックプレビューを開始し、同年中に一般提供を開始する予定だという。

拡張SASEアーキテクチャー

 ネットワークとセキュリティの運用を簡素化するために、Ciscoは「Secure Access Service Edge(SASE)」アーキテクチャーを拡張し、クラウドネイティブプラットフォームである「SecureX」の新機能も公開した。この機能は、セキュリティ上の脅威を検出して修正するまでの時間を短縮することを目的としている。

 同社によれば、SASEは、将来的に統一されたサブスクリプションサービスへの移行を容易にするために、全てのコアコンポーネントを単一の製品で購入できるようにしたものだという。SASEのアーキテクチャーには、ネットワーク、リモートアクセス、クラウドセキュリティ、ゼロトラストネットワークアクセス、可観測性が含まれており、ユーザーがどこで仕事をしていても、あらゆるネットワークやクラウド上であらゆるアプリへの安全なアクセスを実現することを目標としている。

「Webex People Insights」機能がよりスマートに

 パンデミックが人々の働き方に大きな影響を与えているのは驚くべきことではない。オフィスワーカーの58%が月に8日以上在宅勤務すると予想しており、98%の会議にリモートの参加者が含まれると予想されるなど、新たなハイブリッドな働き方が登場しつつある。

 Cisco Webexは、人々が自分の時間と仕事の関係を管理し、燃え尽き症候群を食い止め、より包括的な仕事体験をもたらすために、People Insights機能が進化したと発表した。People Insightsは、Webexの新たなプラットフォームで提供され、パーソナライズされたプライベートなビューからアクセスできる。People Insightsは、会議、仕事と生活の融合、人脈、集中する時間としてユーザーが設定した目標に合わせることを目的としている。

 洞察は、個人、チーム、組織の3つの視点から得ることができる。Ciscoによれば、この情報はユーザーのみが利用できるように、プライバシーとセキュリティが組み込まれているという。People Insightsは向こう1年間で段階的に展開していく予定で、米国では2021年夏より、一部の顧客に提供をまずは開始するという。

 Ciscoはまた、Webexデスク&ルームデバイスのクラウド価格を最大50%下げることも発表している。


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]