編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト「Surface Laptop 4」発表、インテル版とAMD版--アクセサリーも

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-14 11:44

 Microsoftは米国時間4月13日、「Surface Laptop 4」の新たなラインアップを発表した。また、ヘッドホン(「Surface Headphones 2+」)や、2種類のヘッドセット(「Microsoft Modern USB Headset」「Microsoft Modern Wireless Headset」)、ウェブカメラ(「Microsoft Modern Webcam」)、デスクトップスピーカー(「Microsoft Modern USB-C Speaker」)などの新たなアクセサリーも発表した。

Surface Laptop 4
提供:Microsoft

 Surface Laptop 4は、2種類のモデル(ディスプレイが13.5インチと15インチ)が用意されている。アスペクト比3対2の「PixelSense」ディスプレイを搭載する。いずれのモデルもプロセッサーは第11世代の「Intel Core」か、「AMD Ryzen Mobile」を選べるようになっている。バッテリー駆動時間も改善されており、13.5インチのRyzenモデルで19時間、Core i5モデルで17時間となっている。

 Surface Laptop 4の入出力ポートなどオプションは、「Surface Laptop 3」とほぼ同様だ。価格は12万8480円からとなっており、米国とカナダ、日本で同日より予約受付が開始されている。なお、販売地域は「今後数週間のうちに」拡大されるとのことだ。4月15日から順次出荷される。

Surface Laptop 4
提供:Microsoft

 新たに発表されたアクセサリー類は、オンラインでコミュニケーションを取る必要があるビジネスユーザーにフォーカスしたものとなっているようだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]