編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

マイクロソフト、「Windows 10 21H1」の新ビルドをリリース

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-04-15 12:41

 Microsoftは、4月の大規模な月例アップデートと同時に、「Windows 10 21H1」の新しいビルドをWindows Insider ProgramのBetaチャネルとRelease Previewチャネルでリリースした。

 Microsoftは米国時間4月13日、4月の月例アップデートをリリースした。「Exchange Server」の新たな脆弱性(CVE-2021-28480 、CVE-2021-28481)を含む約110件のセキュリティ脆弱性を修正している。

 Windows 10 21H1の新しいプレビュービルドは「19043.928(KB5001330)」で、セキュリティアップデートの他、幾つかの点について品質を向上させている。

 まず、Microsoftが2020年11月から取り組み始めた「Active Directory」ドメインコントローラーの「Kerberos」サービスチケット問題が修正されている。

 また、Microsoftは、ある研究者によって2020年にセキュリティ脆弱性が発見されたため、ビルド19043.928と今後の全てのWindowsアップデートから「RemoteFX vGPU」を削除したと述べている。RemoteFX vGPUは、複数の仮想マシンが物理GPUを共有できるようにする。サポートページによると、Microsoftはその時点でRemoteFX vGPUを無効にしたが、今回は完全に削除するという。

 今回のアップデートで対処したもう1つの注目すべきセキュリティ脆弱性は、「Azure Active Directory」(Azure AD)のウェブサインインで「連携認証に使用されるサードパーティー製エンドポイントからの任意の閲覧が可能になる」特権昇格問題だ。

 「Windows App Platform and Frameworks」「Windows Apps」「Windows Input and Composition」「Windows Office Media」「Windows Fundamentals」「Windows Cryptography」「Windows AI Platform」「Windows Kernel」「Windows Virtualization」「Internet Explorer」「Windows Media」についても、セキュリティアップデートがあった。

 初期バージョンの「KB5000842」をインストールしようとすると、「0x800f081f」エラーが出るケースもあった。Microsoftは、この新ビルドをインストール後にエラーメッセージが表示され続ける場合には、「Feedback Hub」を通じて報告するよう顧客に求めている。

 Microsoftは、Windows 10のバージョン2004とバージョン20H2の新ビルドもリリースし、それぞれ「19041.928」と「19042.928」となった。

 Microsoftは、3月下旬に今回のアップデートのプレビューをリリースし、「Windows 10 20H2」から旧式の「Edge」ブラウザーを削除し、Windows 10 21H1のプリンター問題を修正した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]