編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

有隣堂、メール環境刷新--容量は10MBから10GBに、削除作業から解放

藤代格 (編集部)

2021-04-16 06:45

 神奈川を中心に東京、千葉で約40店舗の書店などを運営する有隣堂(横浜市中区、従業員数522人)は、クラウドメールサービス「CYBERMAIL Σ」を採用。メールを一元管理しつつ、容量不足を解消したという。4月15日、サービスを提供するサイバーソリューションズ(港区)が発表した。

 取り寄せ品の入荷連絡といった顧客との連絡、得意先とのやりとりなどにメールを活用するものの、10MBの容量、フィルタリング機能などに不満があったという。自社で運営するメールシステムのトラブルをきっかけにシステム全体を見直したとしている。

 コストパフォーマンスを決め手に、機能やサポート体制、導入実績などを評価。

 容量が10GB、スパムメールを自動削除できるため、メールの削除業作業がなくなったという。

主な機能一覧(出典:サイバーソリューションズ) 主な機能一覧(出典:サイバーソリューションズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 安定稼働するメール環境を一元管理でき、運用管理工数を軽減。利用者からの問い合せもほとんどないとしている。

導入効果イメージ(出典:サイバーソリューションズ) 導入効果イメージ(出典:サイバーソリューションズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 CYBERMAIL Σの税別月額利用料は、1アカウントあたり250円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]