編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

IBM、プロセスマイニングのmyInvenioを買収へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-16 10:13

 IBMは米国時間4月15日、イタリアのレッジョ・ネレミリアに拠点を置くプロセスマイニング企業myInvenioを買収する契約を締結したと発表した。業務プロセスのさらなる自動化支援が目的だという。

 買収の条件は明らかにされていない。なお、両社は2020年11月に提携関係を結んでいる。

 IBMは今回の買収によって、人工知能(AI)を活用した自動化を通じて最も大きな影響を与えられる業務プロセスを洗い出すために利用できるデータ駆動ソフトウェアを企業に提供できるようになるとしている。こうしたプロセスはセールスやプロキュアメント(調達)、製造、会計などの分野が対象となる。

 IBMは同社のハイブリッドクラウドやAI部門のために自動化ポートフォリオを拡充してきた。最近では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を専門とするブラジルのソフトウェアプロバイダーWDG Automationを買収している。IBMは、myInvenioの買収によって獲得するテクノロジーを、「Red Hat OpenShift」上で稼働する「IBM Cloud Pak for Business Automation」などの自動化ポートフォリオに統合するとしている。

 myInvenioのプラットフォームは、現在と過去のデータに基づいてプロセスの分析とシミュレーションの生成を実行し、自動化できる対象を特定することを目的としている。そして、RPAボットや、自動化された意思決定、AIモデルの適用場所に関するレコメンデーションを提供する。

 今回の買収により、myInvenioのレコメンデーションは自動化ツールと連携できるようになる。myInvenioのメリットは、運用コストの削減や、顧客サービスの強化、運用効率の向上を中心としたものになる。またIBMは、同社のサービス部門内のテクノロジーも活用する。

 myInvenioの利用料金は、プロセスに応じてイベントごとに課金される。製品ポートフォリオには、「Process Analyst」「Process Insights」「Task Mining」「Process Store」などがある。

 買収は第2四半期中に完了する見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]