編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アカマイ、サーバーレス基盤「EdgeWorkers」を国内提供--エッジ向けアプリの開発を促進

藤本和彦 (編集部)

2021-04-21 14:31

 アカマイ・テクノロジーズは4月21日、同社のエッジ基盤上でスクリプトの作成とロジックの展開を可能にするサーバーレス基盤「Akamai EdgeWorkers」の国内提供を開始すると発表した。

 アカマイは、世界135カ所に34万台超のサーバーを分散配置、相互接続することで世界最大級のエッジ基盤を構成している。EdgeWorkersは、このエッジ基盤をアプリケーション開発者向けに開放するものになる。

 アプリケーション開発者が作成したロジックは、世界に分散配置された同社のエッジ基盤上に自動で展開され、エンドユーザーに近いエッジロケーションでロジックを実行して分散処理される仕組みになる。JavaScriptでロジックを実装してエッジアプリケーションを開発できる。低遅延性などが強く要求されるアプリケーションの開発と運用を行え、動かしたイベント処理数に応じて課⾦される。

 また、キーバリューストア(KVS)型データベース「EdgeKV」も併せて提供される。世界に分散されたKVS型のデータベースで、永続的にデータを保持することが可能。加えて、開発効率を⾼めるツールセットやデスクトップで検証可能なサンドボックスも提供される。

今回発表されたEdgeWorkers、EdgeKV、開発者向けツール
今回発表されたEdgeWorkers、EdgeKV、開発者向けツール

 アカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長の山野修氏は会見で、「2028年にはエッジコンピューティングが10兆円規模の市場になると見ている。まだ規模は小さいが、数年内にパブリッククラウドと同様に大きく成長する」と話す。

 世界的なデジタルシフトが進む中、ユーザーやデバイス数の急増によって「デジタルタッチポイントは数十億の規模になる」といい、それらがリアルタイムにつながるようになれば、中央集中型のクラウドやデータセンターだけでは対応しきれなくなり、エッジで分散処理する必要があるとした。この状況は、第5世代移動体通信システム(5G)によってさらに加速するとの見解も示した。

アカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長の山野修氏
アカマイ・テクノロジーズ 職務執行者社長の山野修氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]