パーソルテンプスタッフ、クラウド型ERP導入--BPO事業の2000プロジェクトを管理

藤代格 (編集部)

2021-04-23 06:45

 人材派遣やアウトソーシングなどを事業とするパーソルテンプスタッフ(渋谷区、連結従業員数5万774人)は、クラウド型の統合基幹業務システム(ERP)「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (Fusion Cloud ERP)」を4月から導入。

 基幹システムとして約2000のプロジェクトを効率的に管理、リアルタイムに可視化、分析し、事業拡大のための意思決定に活用するという。4月22日、パーソルテンプスタッフとサービスを提供する日本オラクルが発表した。

 主力の人材派遣に次ぐ第2の柱となるビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)事業の拡大や基盤強化のため、経営情報の可視化が必要だったという。多種多様なサービスの複雑な契約内容やスタッフ管理業務の効率化、最適化なども課題だったとしている。

 標準で搭載されるプロジェクトポートフォリオ管理機能を事業の運営に必要なサービス契約やスタッフの管理として利用可能。経営情報を可視化でき、進化する最新テクノロジーのメリットを享受できるSaaSである点などを評価したという。

 日本オラクルのコンサルティング・サービス部門による、パーソルテンプスタッフのBPO事業の的確な要件の提案も評価したとしている。

 管理プロセスを標準化し、契約からサービスを提供、請求するまでの各プロジェクトの一連の業務やスタッフの配置状況、工数などを一元管理。

 請求業務を効率化しつつ、プロジェクトごとの採算状況をリアルタイムで可視化できるという。リソースの最適な配分、プロジェクト、タスクごとのさまざまな活動分析が可能で、案件ごとのワークフローによる内部統制強化、リスク可視化などもできるとしている。

活用イメージ(出典:パーソルテンプスタッフ)
活用イメージ(出典:パーソルテンプスタッフ)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]