HPE Aruba、Silver Peak統合のネットワーク戦略を説明--日本展開にも注力

阿久津良和

2021-04-26 06:00

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は4月23日、2020年に買収したSD-WANベンダーのSilver PeakとAruba(HPE Aruba)の統合に伴うネットワーク製品戦略などに関する説明会を開催した。日本市場での展開にも注力する。

 HPE Arubaは米国時間4月13日に、オンライン開催した年次イベント「Atmosphere '21」で「Aruba ESP(Edge Service Platform)」の拡張を発表した。これには、Silver Peakを統合した「Aruba EdgeConnect」や、「ClearPass Policy Manager」が含まれる。Arubaの脅威防御機能とAruba EdgeConnectの統合やWANエッジポートフォリオの拡充により、「顧客のあらゆる要望を満たせる」(Silver Peak共同創業者でAruba WAN事業担当 シニアバイスプレジデントのDavid Hughes氏)とした。

Silver Peak共同創業者でHPE Aruba WAN事業担当 シニアバイスプレジデントのDavid Hughes氏
Silver Peak共同創業者でHPE Aruba WAN事業担当 シニアバイスプレジデントのDavid Hughes氏

 コロナ禍を踏まえHughes氏は、「場所にとらわれないハイブリッドな環境とデジタルトランスフォーメーション(DX)化で、多くのIoTデバイスがセキュリティ脅威にさらされている。1つのIoTデバイスがサイバー攻撃で侵入されると、水平展開で(他のIoTデバイスも)攻撃を受け、組織全体を危険にさらしてしまう」と指摘。そのため企業は、「デバイスやエッジ、クラウドとあらゆるユースケースを同時に考えなければならない」(同)とする。

 また、ArubaとSilver Peakの統合については同氏は、「両社はデータセンターでもクラウドでもない。エッジで誕生したユニークな視点を持っている」とした。エッジにこだわる理由は、「エッジがWANおよびセキュリティ変革の中心軸。なぜなら全てのトラフィックに介入するからで、アプリケーション使用時のトラフィックやIoTデバイスのトラフィックも同様だ。Arubaのソリューションはクラウドもデータセンターもエッジで捉えてポリシーを適用する。次の10年はエッジが重要になっていく」(同)と差別化ポイントを挙げた。

 Aruba ESPは、ネットワーク物理層を指す「接続」と、エッジからクラウドまでのセキュリティを「保護」し、データレイクを構築して洞察を得る「分析と対応」という3層を特徴づける。ArubaとSilver Peakの統合に伴い、ネットワークアクセスを制御する「ClearPass(Policy Manager)」や一元管理を簡素化する「SD-LAN&SD-Branch」、統合脅威管理(UTM)機能の運用を人工知能(AI)で自動化する「Aruba AIOps」、セキュリティダッシュボードの「Aruba Central」と5つの機能を備えているという。

 SASE(Secure Access Service Edge:ネットワーク機能とセキュリティサービスを包括的にクラウドから提供するセキュリティモデル)については、ClearPass Policy ManagerとAruba EdgeConnectの統合で、IoTデバイスのID認識や役割、セキュリティポスチャー(エンドポイントデバイスの実行状況や健全性を示すデータ)を追加する「アダプティブ・インターネットブレイクアウト」を提唱する。「顧客企業のペースでクラウド移行やオンプレミスの並行活用をアプリケーションやビジネス部門の単位で選択できる」(Hughes氏)

 IoTデバイスの課題についても、「従来型のVLAN(仮想LAN)はスケールせず、デバイスに焦点を当てないSASEエージェントのインストールは難しい。だからこそ、(EdgeConnectのポリシーエンジンで)役割ポリシーをエッジ接続部分に組み込み、LANやWANに広げ、各IoTデバイスのトランザクション先を制限する『ゼロトラストダイナミックセグメンテーション』が必要」(Hughes氏)とた。

Arubaソリューションで実現するというセキュリティモデル
Arubaソリューションで実現するというセキュリティモデル

 日本市場での戦略について日本ヒューレット・パッカード 執行役員 Aruba事業統括本部長の田中泰光氏は、「日本市場でもArubaとSilver Peakのワンチーム化を遂げ、社内外へのトレーニング、日本ヒューレット・パッカードとしての営業活動、マーケティング活動を強化してきた」と説明した。2021年の半年間はインフラストラクチャーおよびオペレーションやパートナープログラム、マーケティング活動の統合など、国内エコパートナーとの関係性強化を目指すとしている。

日本ヒューレット・パッカード 執行役員 Aruba事業統括本部長の田中泰光氏
日本ヒューレット・パッカード 執行役員 Aruba事業統括本部長の田中泰光氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]