アクロニス、サービス提供者向けにフリーミアムモデル--自由に機能を拡張

阿久津良和

2021-04-26 07:00

 アクロニス・ジャパンは4月23日、バックアップやマルウェア対策、保護管理などをサービスプロバイダー向けに提供する「Acronis Cyber Protect Cloud」の基本機能を無償あるいは従量課金で提供し、特定の機能を「アドバンスドパック」として課金するフリーミアムモデルを採用することを発表した。サーブスプラットフォームをパートナー企業に公開して、ユーザー企業にパートナーブランドとしてサービスを提供することも併せて可能にしている。

 フリーミアムモデルについて代表取締役社長 嘉規邦伸氏は「パートナーの利益を追求するビジネスモデル。必要なときにいつでもすぐに実現するのがユニークな点。PC用エージェントを無償提供することで、すぐに高度なセキュリティ対策を講じられる」と説明した。

アクロニス・ジャパン 代表取締役社長 嘉規邦伸氏
アクロニス・ジャパン 代表取締役社長 嘉規邦伸氏
Acronis 製品管理担当バイスプレジデント Yury Averkiev氏
Acronis 製品管理担当バイスプレジデント Yury Averkiev氏
アクロニス・ジャパン プロダクト・マネージャー 伊藤安治氏
アクロニス・ジャパン プロダクト・マネージャー 伊藤安治氏

必要な機能を選んで利用

 これまでは、バックアップ+セキュリティ対策として「Acronis Cyber Backup」「Acronis Cyber Protect」の2形態を提供してきたが、4月1日から両者をCyber Protect Cloudに統合する判断を下した。併せてCyber Protect Cloudのコア機能となるセキュリティ対策やサイバー保護管理、情報漏洩対策機能を無償提供する。

 Acronis 製品管理担当バイスプレジデント Yury Averkiev(ユーリ・アベルキエフ)氏は「既存の複数製品、エディションよりも分かりやすい仕組みとなる。われわれは2021年を通じてアドバンスドパックを提供し、既存シナリオの拡張や新シナリオへの対応を図る」と概要と戦略を説明した。

 コア機能に含まれるランサムウェア対策やマルウェア対策、デバイスのグループ管理、デバイス制御などの機能は無償で提供する。コア機能に含まれているが、「バックアップや災害復旧、ファイル同期や共有などは従量課金制で提供する」(アクロニス・ジャパン プロダクト・マネージャー 伊藤安治氏)

Cyber Protect Cloudで無料で利用できるコア機能 Cyber Protect Cloudで無料で利用できるコア機能
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]