編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

PERの高い株と低い株、どちらを買うべきか--二極化するPERの意味とは

ZDNet Japan Staff

2021-04-27 08:25

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 株を買うときにPERを見ているか
  2. 二極化するPER:バリュー株とグロース株で二極化
  3. 21世紀に入って製造業で成長するビジネスモデルが崩壊。サービス化社会を迎える
  4. 投資銘柄選別で考えるべきこと

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

株を買うときにPERを見ているか

 株式投資をするとき、投資する銘柄のPER(株価収益率)(注)を見ているだろうか。PERが10倍だから株価は割安とか、PERが40倍だから割高といった話しを聞いたことがあるだろうか。

注:PERは、「ピーイーアール」または「パー」と読む。日本だけでなく、世界中の投資家が見る重要指標なので、PERの見方をきちんと理解しておくことは、株式投資をする上で重要になる。

 PERは以下のように計算する。

 PER=【株価】÷【1株当たり利益】

 株価を1株当たり利益で割って計算する。言い換えると、PERは「1株当たり利益の何倍まで株価が買われているか」を示している。一般的に倍率が高い方が株価は「割高」、低い方が「割安」と判断される。

 実は株価の割高割安を単純にPERの数字だけ見て決めることはできない。近年はPERの二極化が顕著に見られる。PERの高い株はいつまでもPERが高いままで、PERの低い株はいつまでもPERが低いままに据え置かれることが多くなった。

 成長期待が高い株、ITやバイオ関連の成長株はPERで高く評価される。成長性が低い株は高収益を上げていても低PERに据え置かれる傾向がある。

 それでも、PERは株価の割安割高を判断する最も重要な指標であることは事実だ。高PER株も低PER株も、その意味を理解した上で投資するようにしよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]