編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

アマゾンの第1四半期、AWSの売上高が32%増

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-30 10:29

 Amazonは米国時間4月29日、2021年度第1四半期決算(3月31日締め)を発表した。Amazon Web Services(AWS)の年間売上高ランレートが540億ドルとなった。クラウド事業が前年比32%成長し、予想を上回る第1四半期の好業績に貢献した。

 Amazonの純売上高は前年同期比44%増の1085億ドルだった。純利益は81億ドル、希薄化後1株あたり利益は15.79ドルで、前年同期の25億ドル、希薄化後1株当たり5.01ドルから増加した。

 アナリストらは売上高を1044億6000万ドル、1株あたり利益を9.54ドルと予測していた。

 最高経営責任者(CEO)のJeff Bezos氏は声明で、「当社が育ててきた2つの事業がそれぞれ10周年と15周年を迎えたが、どちらも急速に成長し、それぞれが本領を発揮するまでになった。10年目となる『Amazon Prime Video』は、過去1年間に1億7500万人以上のプライム会員が番組や映画をストリーミングしており、ストリーミング時間は前年比で70%以上増加した。また、AWSもわずか15年で、年間売上高ランレートが540億ドルのビジネスに成長し、世界最大のテクノロジー企業と張り合うまでになった。そして、その成長は前年比32%増と、勢いを増している。Airbnb、McDonald、VolkswagenなどがAWSを利用しているのは、当社が圧倒的に幅広いツールやサービスを提供しているからだ。われわれはそうした企業のために、たゆまぬ発明を続けている」と述べた。

 部門別では、AWSの純売上高は前年同期比32%増の135億ドルで、成長率は第4四半期の28%を上回った。2020年第1四半期の成長率は33%だった。

Amazon Q1

 Amazonの北米部門は、コロナ禍が売上高をけん引した波乱万丈の1年を経て、純売上高が前年同期比40%増の643億7000万ドルとなった。海外部門の純売上高は前年同期比60%増という驚異的な伸びを示し、306億5000万ドルに達した。

 AWSが今期も営業利益の大部分を占め、41億6000万ドルを創出した。一方、北米部門は34億5000万ドル、海外部門は12億5000万ドルとなった。

 また広告サービスが、「その他」の部門の売り上げを後押ししているようだ。同部門の純売上高は77%成長し、69億1000万ドルとなった。

 Amazonは第2四半期については、純売上高を1100億〜1160億ドルと予想している。営業利益は45億〜80億ドルになる見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]