編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト受注の米国防総省「JEDI」クラウド、判事がアマゾンの異議棄却せず

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-30 12:16

 米国防総省(DoD)の10年間で100億ドル(約1兆円)規模というクラウドプロジェクト「JEDI」(Joint Enterprise Defense Infrastructure)契約を巡る終わりの見えない応酬に、新たな展開があった。Microsoftが2019年に契約を受注したものの、Amazonは政治的な介入があったと主張して、異議申し立てを行っていた。DoDとMicrosoftは契約獲得に対するAmazonの異議申し立ての一部を棄却するように求めていたが、連邦判事はそれを退けた

DoD
提供:ZDNet

 この連邦請求裁判所の決定は、すでにこう着状態となっているJEDIを取り巻く争いが、さらに長引く可能性を意味している。その一方で、DoD関係者の間では、JEDIを巡る争いに見切りをつけて、同じサービスを受けるために他の代替法を検討するかもしれないという声もあるようだ。

 Patricia Campbell-Smith判事は米国時間4月28日、Donald Trump前大統領が契約先決定に干渉したというAmazonの主張を棄却しないことを決定した。多くの人は、Amazonがこの勝者総取りのような入札プロセスの最有力候補だとみなしていたが、2019年10月に契約を獲得したのはMicrosoftだった。その後すぐに、Amazon Web Services(AWS)は、Microsoftが受注した背景には、Trump前大統領の大きな影響があったとして提訴した。

 しかし、DoDは2020年9月に、JEDIの契約先をMicrosoftにするという決定に、変更はないと発表した。

 今回の判事の決定を、Amazonが好感しているであろうことは想像に難くない。同社の関係者は、声明で次のように述べた。

 「Trump前大統領による不適切な影響があったという記録は憂慮すべきだ。それがJEDIの契約発注に与えた著しい影響を、裁判所が調査することを喜ばしく思う。AWSは今後も、技術的に優れた選択肢、より安価な選択肢として、DoDと米国納税者に最高の価値を提供していく。当社は、DoDの評価における多くの重要な欠陥を裁判所が検討することに期待しており、DoDが最高の技術を最良の価格で利用できるように、引き続き全力で取り組んでいく考えだ」

 Microsoftの関係者は、この判決によって状況はあまり変わらないと主張している。同社のコミュニケーション担当責任者のFrank Shaw氏は、次のような声明を出した。

 「この手続き上の裁定で変わることは、ほとんどない。DoDの調達専門スタッフは徹底的な審査の結果、1度ならず2度、当社を選定した。ほかの大規模な一流の顧客企業も毎週、同じ選択をしている。私たちは1年以上にわたり、JEDIを迅速に進めるための社内作業を行ってきた。当社は、今後もリモートワークへの迅速な移行や、米陸軍のヘッドセット『IVAS』などのミッションクリティカルな取り組みで、これまで40年以上行ってきたようにDoDと協力していく」

 Microsoftは、「HoloLens」をベースにしたIVASを米陸軍に供給する契約を獲得している。10年間で220億ドル(約2兆4000億円)規模になるとみられており、JEDI契約の約2倍に相当する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]