編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「CES 2022」、ラスベガスでリアル開催へ--1月5日から

SEAN KEANE 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2021-04-30 11:52

 全米民生技術協会(CTA)は米国時間4月29日、「オールデジタル」で開催した「CES 2021」の次となる「CES 2022」について、新型コロナウイルスによる制限が米国で緩和されているため、ラスベガスでの開催に戻すことを明らかにした。1月3日と4日がメディアデーで、イベント開催期間は1月5日〜8日だ。

CESの文字
提供:Sarah Tew/CNET

 CTAによると、参加予定の企業はAmazon、AMD、AT&T、Daimler、Dell、Google、ヒュンダイ、IBM、Intel、レノボ、LG、パナソニック、Qualcomm、サムスン、ソニーなど約1000社で、さらに増えているという。

 CES 2022はデジタルでも参加できる。CTAによると、計画は、米疾病予防管理センター(CDC)が発表するコロナウイルス安全対策に応じて変わるという。

 CESのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務めるGary Shapiro氏は、プレスリリースで次のように述べている。「40年以上にわたりCESのホームグラウンドだったラスベガスに戻れることをとてもうれしく思っており、初めての人も以前に参加したことのある人も含めて、たくさんの人に会えることを楽しみにしている」「新規顧客や既存顧客に会うために、パートナーを見つけるために、メディアにリーチするために、そしてイノベーションを発見するために、CESをどれだけ必要としているかを、たくさんの企業幹部から伝えられた」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]