編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

デル、iPaaSソリューションのBoomiをFrancisco PartnersとTPGに売却へ--約4400億円

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-06 11:39

 Dell Technologiesは米国時間5月2日、傘下のクラウドインテグレーションプロバイダーBoomiをプライベートエクイティ会社のFrancisco PartnersとTPG Capitalに40億ドル(約4400億円)で売却する契約を締結したと発表した。

 Boomiは、クラウド関連でのサービスとしてのインテグレーションプラットフォーム「iPaaS」(Integration Platform as a Service)を提供しており、1万5000社を超える法人顧客を抱えている。Dellは2010年に、自社のソフトウェアラインアップを拡充していく動きの中で、Boomiを買収した。

 Dellは4月、VMwareを独立した企業としてスピンオフすると発表した。また今週、「Dell Technologies World」を開催している。

 Dellの最高執行責任者(COO)Jeff Clarke氏は、Boomiの売却は両社にとって適切な動きだと説明した。Dellは、中核インフラとPC事業のモダナイズを継続するとともに、ハイブリッドクラウドとプライベートクラウド、エッジ、通信、「APEX」などの優先度の高い分野を拡大し、成長を促すことにフォーカスしているという。

 Francisco Partnersは、Boomiがクラウド上のデータやワークフローの連携機能のさらなる自動化を追求するツールを開発していくとしている。TPGとFrancisco Partnersは、独立企業としてのBoomiの成長を加速させていくことになる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]