編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

Googleアカウントの2段階認証、まもなく自動で有効化へ

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-07 08:08

 Googleは米国時間5月6日、より多くのGoogleアカウントユーザーに2段階認証(2要素認証)の有効化を促す計画を明らかにした。2段階認証とは、フィッシング詐欺やデータ漏えいによる流出から認証情報を保護するための、さらなるセキュリティ階層だ。

PCとスマートフォンを使う人

 5月の第1木曜日(今回は6日)は「世界パスワードの日」で、オンラインアカウントの保護においてパスワードに依存しすぎないように啓発することを主な目的とする日だ。

 Googleは同日、適切に設定されているGoogleアカウントのユーザーについて、まもなく2段階認証を自動的に有効化することを明らかにした。

 2段階認証における第2の要素は、セキュリティキーであれスマートフォンであれ、ユーザー名とパスワードを所有していても、そのユーザーの端末に物理的にアクセスできなければアカウントにログインできないようにする効果がある。

 現在、2段階認証を有効にしているユーザーは、ユーザー名とパスワードでサインインした後に、SMS、通話、またはGoogleアプリによってコードを受信する仕組みになっている。

 もう1つの選択肢は、Googleの「Titanセキュリティキー」などのセキュリティキーだ。Googleは、「Android」スマートフォンにも同社のセキュリティキーを組み込んでおり、2020年には「iOS」版の「Google Smart Lock」アプリによって、同じ機能を「iPhone」にも提供した

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]