編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
日本株展望

100円からできる--米国株投資:「セル・イン・メイ」と長期・分散・積立投資

ZDNet Japan Staff

2021-05-07 09:51

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米国株は11月以来、6カ月連続で高値を更新
  2. 今年の相場は「セル・イン・メイ」に直面しやすい?
  3. 100円から投資できる米国株ファンドで「押し目買い」を実践
  4. iDeCoやつみたてNISAで長期分散投資するなら?

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国株は11月以来、6カ月連続で高値を更新

 米国市場ではS&P500指数が4月29日に4,211.47と史上最高値を更新した。同指数は2020年11月以来6カ月連続で高値を更新したことになる。図表1は、世界の金融市場が注目しているニューヨーク州の新型コロナウイルス感染動向を示したものだ。

 ワクチン接種が進む中新規感染者数は収束傾向にあり、NY州は移動制限や営業規制を緩和し経済活動は徐々に正常化に向かっている。

 4月29日に発表された第1Q(1-3月期)の米実質GDP(国内総生産)成長率は前期比年率で+6.4%(速報値)となり、2003年第3Q以降で2番目の高成長を記録した。

 一方、調査会社リフィニティブによると、S&P500指数採用企業の第1Qの業績は前年同期比で約46%増益になる見通しである。これまで決算を発表した303社のうち、純利益(EPS)が事前の市場予想平均を上回った割合は約87%と好調だ(4月30日)。

 FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は5月3日の講演会で「米国の景気回復は真の意味で進展しつつある」と指摘したが、「有色人種や低所得層の雇用情勢はいまだ厳しく景気回復は一様ではない」との判断も改めて表明した。

 金融当局は雇用回復を最大化する目的でゼロ金利政策を当面維持すると見られる。最近の米国株高は、低金利下で景気と業績が回復基調をたどる「適温相場の再来」と言えそうだ。

<図表1:米国NY州の感染動向は収束傾向にある>

(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年5月4日)
(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2021年5月4日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]