編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
調査

国内データセンター延床面積は年6.7%増加見込み-- IDC Japan

NO BUDGET

2021-05-13 11:46

 IDC Japanは国内事業者データセンター(DC)の延床面積予測を発表した。

 これによると、2020年末時点の国内事業者データセンター延床面積の合計は245万7600平方メートルで、2025年には339万8000平方メートルに増加すると予測されるという。これを年間平均成長率(2020〜2025年)に換算すると、年6.7%で増加することになる。

国内ハイパースケールデータセンターの延床面積予測(2019〜2025年)(出典:IDC Japan)
国内ハイパースケールデータセンターの延床面積予測(2019〜2025年)(出典:IDC Japan)

 今回の調査では、ITベンダー、ITサービス事業者、通信事業者、クラウドサービス事業者などが国内に所有または賃借しているデータセンター建物の延床面積合計を調べた。

 調査により、2021年から2025年までの期間が、事業者データセンターの新設ラッシュになる見込みであることも分かっている。この期間に新設される事業者データセンターは、延床面積ベースで毎年20万平方メートル前後の規模となる見込みで、AWS、マイクロソフト、グーグルなどのクラウドサービス事業者が国内のデータセンターキャパシティーを急ピッチで拡張していることが影響している。

 さらに、ハイパースケールデータセンター(サーバー室面積5000平方メートル以上かつ電力供給量が6キロボルトアンペア/ラック以上で、テナントがクラウドサービス事業者であるような事業者データセンター)の年間平均成長率(2020〜2025年)は、延床面積ベースで28.8%になり、電力キャパシティーベースでの年間平均成長率は面積ベースよりも高い37.2%になると見られる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]