アクセンチュア、資生堂と合弁会社を設立--新しいビューティー体験の実現目指す

藤本和彦 (編集部)

2021-05-11 11:49

 アクセンチュアと資生堂は5月11日、合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー」を7月に設立することに合意したと発表した。2月9日に発表した両社間の戦略的パートナーシップによる資生堂のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みをさらに加速していく。

 資生堂は、中長期経営戦略「WIN 2023 and Beyond」でスキンビューティー領域を中核事業とする抜本的な経営改革を実行し、2030年までに同領域における世界のトップ企業になることを目指しており、その一環として「デジタルを活用した事業モデルへの転換・組織構築」を掲げている。

 新会社は、資生堂が掲げる中期経営戦略に基づき、ビューティー領域に特化したデジタル/ITの専門家集団として、資生堂だけでは成し得ないスピードとイノベーションで新しいビューティー体験を実現するという。また、社外からも積極的に人材を登用し、資生堂のDXを加速させる。さらに、アクセンチュアが提供するデジタル/IT分野のトレーニングプログラムを資生堂のニーズに合わせて最適化し、高度なスキルを持つ社員の育成を図ることで、資生堂全体のデジタル/IT能力の向上にも貢献していく。

 新会社は、データとテクノロジーを駆使したデジタルマーケティングの強化やオンライン/オフラインの融合により、これまでになかったビューティー体験を実現する。例えば、顧客がオンラインや店頭などで行った肌診断やバーチャルメイクアップ診断履歴をデータベースに蓄積。この履歴データを分析して、時間や場所を自由に選択できるカウンセリングやレッスンのメニューを提案するなど、拡張現実(AR)などの最新技術も活用し、 顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされたサービスを、生涯にわたりさまざまなコンタクトポイントで提供することが可能になる。

 また、既存システムのクラウド移行をはじめとするクラウドファースト戦略を推し進めることで、IT機能の拡充と柔軟なシステム基盤を迅速に構築し、資生堂の既存IT投資およびメンテナンスコストの投資効率を高めるとともに、事業スピードとデータによるビジネス判断の迅速化を実現する。

 資生堂インタラクティブビューティーは、 資生堂が過半を出資する形態で2021年7月に設立され、両社のデジタルやIT領域などの専門家の約250人で構成される予定。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]