編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

「Windows用Rust」のバージョン0.9がリリース

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-11 13:41

 Microsoftは「Windows用Rust」の最新版であるバージョン0.9を公開した。

 Windows用Rust(旧称「Rust/WinRT」)は、Rustから「Win32」、「COM」(Component Object Model)、「WinRT」などのさまざまなWindows APIを呼び出せるようにすることで、簡単にWindowsアプリを開発できるようにするために作られたものだ。

 Windows用Rustは、2020年5月にリリースされたWindowsでRustを使用するための言語プロジェクションで、現在はまだプレビュー版だ。

 MicrosoftやAmazon Web Services(AWS)、Google、Facebookなどの企業は、古いC++のコード資産を生かしつつ、Rustのメモリー安全性を活用することを目指している。

 Windows用Rustは、Microsoftが提供している「C++/WinRT」を参考にしており、Rust開発者が「Windows APIを呼び出すための自然で使い慣れた表現」を利用できるようになっている。

 MicrosoftのプログラムマネージャーであるAngela Zhang氏は、バージョン0.9のリリースについて発表するブログ記事で、Rust/WinRTがプレビュー版としてリリースされた後に加えられた主な変更点について説明している。

 その中で同氏は、このクレート(バイナリー、ライブラリー、ビルドされるソースコードを表すRustの用語)にWin32とCOMのAPIが統合されたことに伴い、「カバーされる範囲が広がり、Windowsの各種APIが統合されたため、プロジェクトの名称を『Rust/WinRT』から『Windows用Rust』に変更した」と述べている。

 Windows用Rustを利用するための「windows」クレートは、crate.ioにMITライセンスとApacheライセンスのデュアルライセンスで公開されている。

 またMicrosoftは、今回のリリースに合わせて、開発者が新たにサポートされたWin32のAPIを利用して簡単なアプリを作る手順を説明する動画を公開した


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]