MUFG、グループ間の顧客情報を連携強化

NO BUDGET

2021-05-13 09:52

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、金融機関向けの顧客関係管理(CRM)や営業支援(SFA)アプリケーションとしてセールスフォース・ドットコムの「Financial Services Cloud」(FSC)の採用を決定した。

 MUFGでは、グループ各社におけるFSCの展開拡大を予定している。FSCは、顧客、案件、見込顧客に関する情報を一元化して管理し、生産性を向上させる金融機関向け顧客関係管理(CRM)ソリューションで、MUFGはこれまで管理していた顧客情報を新たに一定の条件の下でFSCに集約する。これにより、業務効率化や顧客への質の高いソリューション提供を支援できる。

 またセールスフォース・ドットコムは、これまで蓄積した「Customer 360」プラットフォームのノウハウを生かしてFSCのさらなる機能強化を行う予定だ。Customer 360プラットフォームは、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどの各部門を連携させる統合型のCRMプラットフォームで、同社は金融業界への同プラットフォームの提案を強化していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]