編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
日本株展望

日本株急落3つの理由--景気敏感バリュー株「買い場」の判断を再強調

ZDNet Japan Staff

2021-05-17 10:09

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 日経平均急落、3つの理由
  2. 日本の景気回復が遅れる懸念・米景気が過熱する懸念
  3. 日銀のETF買いが出なくなったので、売り方が売りやすくなった
  4. 景気敏感バリュー株「買い場」の判断を改めて強調

 これら4点について、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト 窪田真之氏の見解を紹介する。

日経平均急落、3つの理由

 先週(5月10~14日)の日経平均株価は1週間で1273円下がり、2万8084円となった。5月13日(木)には、一時2万7385円まで下がったが、14日(金)に押し目買いが入って反発して2万8000円台を回復した。

 以下のチャ-トをご覧いただくと分かる通り、2月以降、NYダウは堅調なのに、日経平均は下げ基調が続いている。

NYダウと日経平均の動き:2020年10月1日~2021年5月14日

QUICKより楽天証券経済研究所が作成
QUICKより楽天証券経済研究所が作成

 先週の日経平均急落に、3つの理由がある。

【1】日本の景気回復が遅れる懸念

【2】米景気が過熱する懸念

【3】日銀が金融政策を変更し、ETFを買わなくなったこと

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]