編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

PayPalとGoogle Cloudが提携強化--オンライン決済の拡大支える

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-17 12:17

 Google CloudとPayPalは米国時間5月13日、提携を強化すると発表した。PayPalは、コアインフラストラクチャーとワークロードの「Google Cloud Platform」(GCP)への移行をさらに推し進めるととともに、GCPのアナリティクス能力を活用していくという。

 PayPalがGCPへのワークロード移行を推し進める背景には、コロナ禍で事業が躍進したことがある。5月に入り、発表した2021会計年度第1四半期決算で、アクティブユーザー数は同四半期に1450万増加し、合計アクティブユーザー数は3億9200万に達したと報告していた。

 また、PayPalのオンライントランザクションデータの大半は「SAP S/4HANA」データベース上に保存されており、PayPalはGoogle Cloudで大規模に提供されているSAPの「Financial Products Subledger」を活用して、高ボリュームのトランザクションを迅速に処理したり、大量のデータに基づいて購買傾向の分析を低レイテンシーで行ったりできるようになった。

 Googleは2019年以降、金融サービスなどの主要な業界向けの事業を展開することにフォーカスしてきた。また、エンタープライズ事業を推進する取り組みを進める中で、SAPとの連携も強化している。

 PayPalはさらなるGoogle Cloudのサービスを利用していくが、Googleも「PayPal」の利用を拡大しようとしている。同社は最近「Google Ads」と「Google Workspace」の決済手段としてPayPalを追加した。この決済オプションは現在、米国と欧州の一部で利用可能になっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]