編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

アイルランドの医療サービスにランサムウェア攻撃--システムを停止

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-17 13:47

 アイルランドの公的医療サービスを提供する保健サービス委員会(HSE)は、ITシステムがランサムウェア攻撃を受けたことを明らかにした。攻撃からシステムを保護するための措置として、すべてITシステムを停止したという。HSEは「深刻な」ランサムウェア攻撃だと説明している。

 HSEは、「HSEのITシステムに対する重大なランサムウェア攻撃が発生している。この攻撃からITシステムを保護し、われわれのセキュリティパートナーと状況を完全に評価できるようにするために、すべてのITシステムをシャットダウンする予防策を講じた」とツイートした。「患者や一般の人々に迷惑をかけることをお詫びする。詳細が分かり次第お伝えする」(HSE)

 HSEによると、アイルランドの新型コロナウイルスワクチン接種プログラムは今回のランサムウェアインシデントの影響を受けておらず、国立救急車サービス(NAS)は通常通り機能しているという。

 サイバー攻撃が原因で、一部の外来患者の予約がキャンセルされている。産科、新生児科、婦人科の診療を行っているダブリンのロタンダ病院は、妊娠36週以降の女性を除き、「重大なITの問題のために、本日すべての外来診療がキャンセルされる」としている。

 HSEは初期の評価を受け、HSEのセキュリティプロバイダーが目にしたことのない「Conti」ウイルスの亜種が関与していることが分かったとしている。身代金を求められたが、州の方針に基づき支払わないという。HSEの最高責任者であるPaul Reid氏によると、HSEは現在、アイルランド国防軍、警察、サードパーティーのサイバーセキュリティ専門家らと協力している。

 The Irish Timesによると、Reid氏はアイルランド放送協会(RTÉ)のMorning Irelandに、今回の攻撃は「重大」だと話した。また、「人の手による」ランサムウェアだという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]