編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Windows 10X」はリリースせず--マイクロソフトが正式に方針変更を明らかに

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-05-19 10:44

 Microsoftは「Windows 10 May 2021 Update」(バージョン21H1)の提供を開始したが、「Windows 10X」は2021年に提供されないことが明らかになった。

Windowsのロゴ
提供:Matt Elliott/CNET

 Windows 10Xは当初、Microsoftが2画面端末用に設計していたOSだ。Microsoftは米国時間5月18日、Windows 10 May 2021 Updateに関するブログ記事の中で、Windows 10Xについて方針を変更することを明らかにした。Windows 10Xを2021年にリリースするのではなく、Windows 10Xで学んだことを生かして、鍵となる基礎的な10XのテクノロジーをMicrosoftの製品やWindowsのほかの部分に統合していくと説明している。

 一部は、「Windows Insider」プレビュービルドのWindowsに反映されており、例えば「Microsoft Defender Application Guard」などに採用されているコンテナーテクノロジー、改良された「Voice Typing」(音声入力)機能、タッチキーボード機能などが統合されているという。

 Microsoftは2020年5月、Windows 10Xの当初のリリース予定を変更すると発表した。2021年5月に入り、Windows 10Xの開発を中断したと報じられていた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]