アカマイ、多要素認証機能のクラウドサービスを開始

國谷武史 (編集部)

2021-05-19 17:27

 アカマイ・テクノロジーズは5月19日、多要素認証機能のクラウドサービス「Akamai MFA」の国内提供を開始したと発表した。FIDO2に準拠し、スマートフォンの専用アプリで利用できるようにもしている。

 新サービスは、単体もしくは同社のID認識型プロキシーサービスの「Enterprise Application Access(EAA)」と組み合わせて利用できる。汎用的なスマートフォンも使えることで導入のハードルを下げているほか、エンドツーエンドの暗号化などにより、認証途中に認証情報の窃取を狙う中間者攻撃への耐性を高めている。

 スマートフォンへのプッシュ通知のほかに、ワンタイムパスワードや電話、SMS(ショートメッセージサービス)など複数の認証方式を選択でき、ユーザーに応じて柔軟に対応できるとしている。IDプロバイダーサービスでは、EAAのほかOktaとMicrosoft ADFS(Active Directory Federation Services)、Shibbolethに対応する。

 同社エンタープライズセキュリティ アジア太平洋地域シニアプロダクトマーケティングマネージャの金子春信氏によれば、企業の業務で使うSaaSが普及し、コロナ禍に伴う在宅勤務も拡大していることを背景に、2020年は認証情報を窃取するフィッシング詐欺で企業を狙うケースが急増している。詐欺を実行するためのプログラムを不正に販売したり、詐欺行為を代行する有償サービスも提供したりされているため、詐欺自体も増えているという。

 多要素認証のサービスはさまざまなものが既に提供されており、アカマイでは他社の仕組みなどを組み合わせることで多要素認証の機能自体を使えたが、上述の背景があり、今回はより使いやすく堅牢な仕組みを同社のサービスとして提供するに至ったとしている。

デモンストレーションでのUI
デモンストレーションでのUI

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]