編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

AWS、「App Runner」を発表--大規模コンテナーの利用を容易に

Asha Barbaschow (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-20 12:54

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間5月18日、コンテナー化されたウェブアプリケーションやAPIの迅速かつ大規模なデプロイを容易にすることを目指し、新たなフルマネージドサービス「AWS App Runner」を発表した。

AWS
提供:AWS

 App Runnerは、AWS上でコンテナー化されたウェブアプリケーションをビルド/実行するための最もシンプルな方法だとされている。これにより、ユーザーに対してフルマネージド型のコンテナーネイティブサービスがもたらされるという。

 AWSのブログには、同製品を用いることで、オーケストレーターの設定や、ビルドパイプラインの準備、ロードバランサーの最適化、TLS証明書のローテーションなどが不要になると記されている。

 ユーザーはApp Runnerの利用により、既存のコンテナーを使用したり、統合されたコンテナービルドサービスを用いることで、コードリポジトリーからアプリケーションを直接デプロイできるようになる。

 またAWSの説明によると、このビルドサービスは変更時の自動デプロイを可能にするgit pushのワークフローを提供するために、GitHubのリポジトリーに接続できるようになっている。

AWS
提供:AWS

 Justin Garrison氏はブログに、「コンテナーのビルドやプッシュを実行せず、開発したコードをApp Runnerサービスに引き渡したい場合には、GitHubリポジトリーを直接使用することができる。このビルドサービスはPythonやNode.jsといったランタイム向けのベースコンテナーも提供しているため、セキュリティパッチにまつわる作業を低減できる」と記している。

 ビルドプロセスをより細かく制御できるようにするため、App Runnerは「AWS Copilot」の最新版と連携し、アプリケーションをコンテナー化したり、「Amazon DynamoDB」などのAWSのサービスのプロビジョニングを自動化したりすることができる。

 App Runnerを使う上で、サーバー構成、ネットワーキング、ロードバランシング、あるいはパイプラインのデプロイメントに関する知識は必要ない。また、App Runnerはアプリケーションの実行時間に対して秒単位で課金する。同社は、「App Runnerを利用して、APIサービス、バックエンドのウェブサービス、ウェブサイト、その他さまざまのものを開発、実行しよう」とアピールしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]