編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マイクロソフト、未来の会議室のビジョンなど示す--ハイブリッドな働き方に向け

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-05-24 12:43

 Microsoftは米国時間5月21日、未来のハイブリッドミーティングがどのようなかたちのものになり、どのように機能するのかについて、同社の経験とリサーチに基づいた新たな動画を公開した。また、最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏はLinkedInへの投稿で、ハイブリッドワークに関する同社での最新の考え方を示すとともに、Microsoftが実装しているシナリオを自社で再現しようと考えている顧客に向けてリソースを提示した。

Microsoft
提供:Microsoft

 未来のミーティングに関する同社の最新のビジョンで興味深い点は、既に実現可能だというところにある。実現の鍵となっているのは同社が販売している2つのサービスだ。「Teams Rooms Standard」と、Microsoftによる手厚いサポートを含むマネージド会議室サービスが提供される「Teams Rooms Premium」だ。これらは会議室の設定や管理を実現する「Microsoft Teams」ベースのサービスだ。

 Microsoftが今回の動画で示した3つのシナリオは、「Focus Room」「Medium Space」「Large Space」という、3つの異なるサイズの会議室における、規模の異なるミーティングに対応するものとなっている。

 最もサイズが小さいFocus Roomは、Teamsパネルと60インチのディスプレイ、「Microsoft Teams Rooms」システム、インテリジェントスピーカー、視野角180度のカメラ、コンテンツカメラで構成されている。これらのデバイスはすべてMicrosoft、あるいはTeams Room認定ハードウェアパートナーから入手できる。最もサイズが大きいLarge Spaceは、Teamsパネルと2台の70インチディスプレイ、Teams Roomシステム、天井に設置するタイル型マイク及びデジタルシグナルプロセッサー(DSP)、2基のスピーカー、発言者追尾機能を搭載したカメラ、85インチの「Surface Hub」で構成されている。

 85インチのSurface Hubはそれ単体でおよそ2万2000ドル(約240万円)だ。またTeams Room Standardのサブスクリプションコストは1デバイスあたり月額15ドル(約1600円)となっており、Teams Room Premiumは1デバイスあたり月額50ドル(約5400円)となっている。

 この他にもMicrosoftは、マネージャー向けに柔軟性のあるハイブリッドな仕事環境を実現するためのガイドをダウンロードできるようにしている。マネージャーが、従業員のリモートワークやパートタイムでの勤務日程や勤務形態を決定する上で役立つガイダンスで、もともとMicrosoftの従業員向けに作成されていたものだ。同社はまた、「Hybrid Work:A Guide for Business Leaders」(ハイブリッドワーク:ビジネスリーダー向けガイド)を公開している。これは主に、Microsoftの製品ガイドと、それら製品が同社のデジタル変革戦略にどのように位置付けられるのかを解説したものとなっている。

 Microsoftは2020年秋に在宅勤務ポリシーの改定を発表し、ほとんどの従業員は勤務時間の一部、すなわち全勤務時間の50%未満であれば自宅から作業できるようにしており、マネージャーの承認が得られた場合、フルタイムでの在宅勤務も認めている。またレドモンドエリアのキャンパスを7月6日に全面的に再開するとしていたが、9月に延期されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]