1人用オンライン会議ボックス「One-Bo」にアーティストコラボモデル - (page 2)

阿久津良和

2021-06-01 06:30

 2つ目のテーマである“アートが注目される理由”について、吉田氏は「差別化が難しい世の中だから。(現代美術家の)村上隆氏とルイヴィトンのコラボレーションは一例だが、アートは上位概念としてブランド構築する機能や集客能力を持っている。アートが持つ応用能力に社会が気付いていなかった」と解説した。

画家・大橋澪氏とのコラボレーションモデル 画家・大橋澪氏とのコラボレーションモデル
※クリックすると拡大画像が見られます
ヘラルボニーとのコラボレーションモデル ヘラルボニーとのコラボレーションモデル
※クリックすると拡大画像が見られます

 「現在はTwitterなどを用いて個人がインフルエンサーとして活動している。(今後は)正規雇用(システム)もなくなり、フリーのサラリーマンが増えていくと思う。(自身がサラリーマン時代は)毎日のように『企業の存在意義』を考えていた。アーティストは自身の思考を作品で抽象化する一番の体現者。模倣して大量生産できない(アートに対して)企業もアーティストの能力に注目しているのでは」(松田氏)

 3つ目の“オフィスで機能するアート”について松田氏は「企業の理念やブランドを象徴する空間としての意味合いが強まっている」ことを強調。吉田氏は「企業理念を言葉で伝えられる人は少ないが、(オフィスにアートを取り込むことで、)企業の価値観にマッチする人材を採用しやすい」と、導入傾向が強まる理由を解説する。

 新谷氏は「人々のクリエイティブを刺激する目的のアート、アーティストを通じて企業の存在や理念を表現できる。これからのオフィスは『作業する場』ではなく『想像する場所』。(アートな)オフィス空間と企業が存在すれば、少しでも前に進める」とトークッションをまとめた。

 今回のアート×One-Boコラボモデルは2人のアーティストとアーティスト集団によって、3タイプ9種類のOne-Boを選択できる。

 「(書道家・武田双雲氏にオフィスというテーマを持ちかけると)最初は暗い顔して働くことが多い(というイメージがある)と感じていたが、ポジティブなパワーを伝える言葉を選んでもらった」(新谷氏)

 「(画家・大橋澪氏タイプは)彼女自身が企業で働いていた体験をお持ちだったので、問題意識を明確に捉えていただいた。インテリアと調和をイメージした5種類を用意する」(吉田氏)

 ヘラルボニータイプは「オイルパステルを使って模様を作成した。とある作家さんは模様がつながる迷路のような正方形の作品で、曜日の入り口を開くイメージを描いてもらった」(松田氏)という。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]