編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

HPE、予想上回る第2四半期決算--売上高が11%増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-06-02 13:59

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間6月1日、予想を上回る2021会計年度第2四半期決算(4月30日締め)を発表した。「as a Service(アズ・ア・サービス)」企業への移行を加速させているという。売上高は前年同期比11%増の67億ドル、純利益は2億5900万ドル(1株あたり19セント)となった。非GAAPベースの1株あたり利益は46セントだった。

 アナリストは売上高を66億2000万ドル、1株あたりの利益を42セントと予想していた。

 コンピュート事業の売上高は前年同期比12%増の30億ドルだった。ストレージ事業の売上高は前年同期比5%増の11億ドルで、「Nimble」は17%増、オールフラッシュアレイは20%増となった。

 ハイパフォーマンスコンピューティングおよびミッションクリティカルシステム(HPC & MCS)事業の売上高は前年同期比13%増の6億8500万ドルだった。

 インテリジェントエッジ事業の売上高は前年同期比20%増の7億9900万ドル、ファイナンシャルサービス事業は前年同期比1%増の8億3900万ドルだった。第2四半期の年間売上高ランレートは6億7800万ドルで、前年同期比30%増となっている。

 HPEは第3四半期について、1株あたり利益は38~44セントの間になると見通しとしている。アナリストは1株あたり28セントと予想している。HPEは通期の1株あたり利益を1.82~1.94ドルと予想しており、従来予想の1.70~1.88ドルから上方修正している。

 最高経営責任者(CEO)のAntonio Neri氏は、「戦略的優先順位に基づく、統制の取れたわれわれの運営は、売上高と最終損益の双方に対してプラスの影響をもたらしている」と述べ、「われわれは中核であるコンピュート事業とストレージ事業を強化し、インテリジェントエッジやHPCといった事業での成長に一層の力を注ぐとともに、as a Serviceへの移行を加速しつつ、クラウドファーストのイノベーションを進展させていくことで、エッジからクラウドに至るまでのサービスとしてのプラットフォームで顧客とパートナーの選択肢になろうとしている」とコメントした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]